実用新案登録出願

鰹

技術的なアイディアを保護する手段としては、特許出願以外に、いわゆる「小発明」を保護するための実用新案登録が設けられています。適切に出願書類を作成することにより、権利範囲が広く第三者からの攻撃に強い実用新案権を取得することができます。

実用新案登録制度の恩恵に浴するのは大企業だけではありません。中小企業の中にも、実用新案登録に結びつく独自の技術力を秘めた企業が数多く存在します。私どもは権利取得からそれらを競争力として活用するための助言・提案までを広く業務領域としています。

考案相談

出願を希望される場合には、面談にて具体的なお話をお伺いします。

忙しい経営者・研究者のために、面談は御社・現場・お宅で致します。なお、対応エリアは日本全国で面談出張費用等は頂きません。

面談では、現物や図面や発明提案書などをご用意いただきます。これらは明細書作成資料となりますので、できるだけ詳細な方が望ましく、良い明細書を作成するためのポイントともなります。

これら現物などに基づき、発明の内容の他、事業の現状と将来展望、特許を取る目的などをざっくばらんにお話しいただきます。

当事務所に初めてご相談される方に対しても、これまで当事務所に繰り返しご依頼いただいているご依頼者様と同様に、親身に対応させていただきます。

ページの先頭へ