アイデアを知的財産権という確実な資産に

特許と比較した意匠登録の特徴

特許は、新規な技術的アイディアについて与えられる無体財産権です。これに対し、意匠権は、物品の新規なデザインについて与えられる無体財産権です。

実体審査

特許の場合、出願審査請求をしなければ実体審査は開始されず、査定までに約3年の期間を要します。これに対し、意匠の場合、約6ケ月で査定がされます。
特許の場合、特許査定率は約5割です。これに対し、意匠の場合、登録査定率は約8割です。

権利の存続期間

特許権の存続期間は、出願日から20年です。これに対し、意匠権の存続期間は、意匠権の設定登録日から20年です。

保護対象

特許権の保護対象は技術的なアイディアです。これに対し、意匠権の保護対象は物品の外観のデザインです。したがって、タイヤの溝の発明のように、技術的なアイディアであり、かつ、物品の外観のデザインである場合には、特許権と意匠権の両方を取得することによって相乗効果で保護することができます。

権利行使

権利行使をする場合、まず、相手方が実施していることを権利者が証明しなければなりませんが、特許の場合、保護対象となる技術が実施されていることを証明することが困難な場合があります。これに対し、意匠の場合、保護対象が外観的なデザインなので、実施されていることを証明することが容易です。
特許権の権利範囲は、特許請求の範囲の記載に基づいて定められるのに対し、意匠権の権利範囲は、図面に基づいて定められるので、意匠権の権利範囲は、特許に比較して狭く解釈されます。

特許出願

特許出願は、技術的なアイディアである発明を文章で表現し特定することにより行われます。

特許出願の費用

特許出願時には、特許庁印紙代を含めて、20万円~40万円程度の費用を要します。その後、出願審査の請求を行う際に、特許庁印紙代として、13万円~15万円程度の費用を要します。最終的に、特許出願から特許権発生までに要する費用の合計の概算は、50万円~70万円程度になります。

意匠登録出願

意匠登録は、新規なデザインを図面や写真で特定することにより行われます。

意匠登録の費用

意匠登録出願時には、特許庁印紙代を含めて、14万円程度の費用を要します。最終的に、意匠登録出願から意匠権発生までに要する費用の合計の概算は、拒絶理由が通知されなかった場合、20万円程度になります。

初回限定割引キャンペーン

当事務所を初めてご利用になるお客様に限り、特許出願・実用新案登録出願・意匠登録出願に関する事務所手数料を一律15%割引致します。

Fun to Share 登録割引キャンペーン

Fun to Shareへのサポーター登録をして頂いたお客様に限り、特許出願・実用新案登録出願・意匠登録出願に関する事務所手数料を一律10%割引致します。

三谷特許事務所について

当事務所の事業理念を掲載しています。

取扱業務

当事務所でお取扱いする業務について掲載しています。

ごあいさつ

三谷特許事務所のホームページにご訪問いただきありがとうございます。

アクセスマップ

歴史と文化と商業の街、八事エリアの中心にある交通至便な特許事務所です。

リンク集

知的財産権に関するリンク集を掲載しています。

費用

出願から登録までに要する弁理士費用や特許庁印紙代を掲載しています。

割引キャンペーン

ただいま当事務所で行っている割引キャンペーンについて掲載しています。

対応エリア

当事務所の対応エリアについて掲載しています。

クライアント様からのご感想

三谷特許事務所をご利用されたお客様からの声の一部をご紹介しています。

当事務所へのお問い合わせ・メッセージ

三谷特許事務所
〒466-0834 愛知県名古屋市昭和区広路町字北石坂102-148 パーク八事60C号
TEL:052-893-6318 FAX:052-893-6348

お電話又はメールによるご相談は無料でお受けしておりますので、お気軽にご相談下さい。

お電話によるお問い合わせは
電話番号:052-893-6318
受付時間:午前10時~午後5時(土日祝祭休)

このページの先頭へ