発明相談

鶴

出願を希望される場合には、面談にて具体的なお話をお伺いします。

発明の説明をする場合、電話やメールだけでの説明では、十分な意思疎通をすることは難しく、発明者の意図しない出願書類になってしまうおそれがあります。

発明者が、弁理士に、資料を見せながら自己の発明を説明することがベストではありますが、特許事務所に足を運ぶのも、時間的・距離的・金銭的に難しい場合もあります。

当事務所では、そんな忙しい発明者・経営者のために、日本全国無料で、御社・現場・ご自宅で発明相談をすることができます。

面談では、現物や図面や発明提案書などをご用意いただきます。これらは明細書作成資料となりますので、できるだけ詳細な方が望ましく、良い明細書を作成するためのポイントともなります。

これら現物などに基づき、発明の内容の他、事業の現状と将来展望、特許を取る目的などをざっくばらんにお話しいただきます。

当事務所に初めてご相談される方に対しても、これまで当事務所に繰り返しご依頼いただいているご依頼者様と同様に、親身に対応させていただきます。

ページの先頭へ