特許出願の費用

事務女性

特許出願から特許権取得までに特許庁に支払う印紙代は、出願手数料、出願審査請求手数料、設定登録料の合計額です(=特許庁印紙代)。

拒絶理由通知を受けなかった場合で非常に簡単な発明の場合には、登録までの事務所手数料の合計額は 233,000 円になります。(=175,000 円/明細書1~4頁 + 出願審査請求費用 8,000 円 + 特許査定成功報酬 50,000 円)

特許出願

内訳金額
非常に簡単な発明の場合175,000 円/[目安として、明細書1~4頁の場合(請求項数・図面数は無制限)]
簡単な発明の場合215,000 円/[目安として、明細書5~8頁の場合(請求項数・図面数は無制限)]
中程度の発明の場合255,000 円/[目安として、明細書9~13頁の場合(請求項数・図面数は無制限)]
複雑な発明の場合295,000 円/[目安として、明細書14~17頁の場合(請求項数・図面数は無制限)]
特許庁印紙代14,000 円

出願審査請求

出願から3年以内に出願審査の請求をして、特許庁の審査を受けるための費用です。

内訳金額
出願審査請求費用8,000 円
特許庁印紙代118,000 円+(4,000 円×請求項数)

中間処理

拒絶理由の通知を受けた場合に、その拒絶理由を解消するための費用です。

内訳金額
意見書補正書作成30,000 円

設定登録

特許査定後、3年分の特許権の設定登録をするための費用です。

内訳金額
特許査定成功報酬50,000 円
特許庁印紙代6,300 円+(600 円×請求項数)

出願審査請求料等の軽減申請

一定の条件を満たす中小企業は、軽減申請をすることにより、出願審査請求料や特許料が3分の1に軽減される場合があります。

専業主婦などの一定の条件を満たす市町村民税非課税者等は、減免申請をすることにより、出願審査請求料や特許料が免除または2分の1に軽減される場合があります。

言うまでもなく、これらの減免制度は申請をしなければ適用されませんが、当事務所では、減免対象になるかどうかをチェックし、減免対象となる場合には減免申請をお勧めしますので安心してご依頼ください。

ページの先頭へ